[ホーム]

 

データベース
バックナンバーを保存しています。過去に掲載された書籍の紹介をご覧になる場合はこちらをご利用下さい。

写真紀行「日本の石仏200選」

 著者であり、写真家である中氏が北は岩手から南は鹿児島までの全走行距離約1万キロを機材一式をワゴン車に積み込んで取材&撮影を敢行。そして日本全国の石仏から200を選び、オールカラーで紹介、簡潔な解説と所在地、可能なものには連絡先も明記したカラー版石仏ガイドブック。この写真紀行を片手に、どこか懐かしい石仏を訪ねる旅に出かけて見てはどうでしょうか!

写真と文:中 淳志(なか・あつし)
1958年、大阪市に生まれる。1981年、龍谷大学法学部を卒業。1992年に京都府加茂町役場を退職後、「信仰の風景」をテーマにアジアの仏教圏の取材を始める。1995年「ビルマの少年僧」で日本写真家協会JPS展金賞受賞。

発行:東方出版(株)
定価:2940円(税込)