[ホーム]

 

データベース
バックナンバーを保存しています。過去に掲載された書籍の紹介をご覧になる場合はこちらをご利用下さい。

「生きて死ぬ智慧」
〜般若心経の科学的「心訳」〜

 生命科学者である著者が、釈迦の説いた「空」の世界、「般若心経」の明晰な現代語訳を通して、独自の感性で「永遠のいのち」に深く切り込んだ書であるとともに、生命の根源に宿る美を描く画家の「画」との感動の共同作品である。是非この機会に一読することをオススメします。

著  者:
文/柳澤 桂子(やなぎさわ・けいこ)

生命科学者。1938年東京生まれ。'60年お茶の水女子大卒。'63年コロンビア大学大学院博士課程終了。帰国後、慶応大学医学部分子生物学教室助手に。'69年発病、最初の入院。その後は生命科学の研究員として活躍。'77年秋、病の再発、入退院を繰り返し、現在まで35年以上に及ぶ闘病生活である。'86年から闘病生活のかたわらサイエンスライターとして活躍中、当代日本を代表する生命科学者にして歌人である。

画/堀 文子(ほり・ふみこ)
日本画家。1918年東京平河町生まれ。女子美術専門学校(現在の女子美術大学)在学中の'39年、当時新しい日本画運動の拠点だった新美術人協会展で初入選。'52年上村松園賞。'74年〜'99年多摩美術大学教授。現在までに幾度となく海外へ精力的なスケッチ旅行を敢行。'01年に重い心臓病から奇跡的回復を遂げて以後は、生命の根源に関心が集中し、ミジンコなど極微の生命宇宙を精力的に描くようになっている巨匠である。

発行者:佐藤 正治
発行所:株式会社 小学館
定  価:1200円(本体1143円+税)