[ホーム]

 

データベース
バックナンバーを保存しています。過去に掲載された書籍の紹介をご覧になる場合はこちらをご利用下さい。

「異 端 力」
〜規格外の人物が時代をひらく〜

 今回おすすめする書籍「異端力」の著者曰く、『…頑迷な常識と、敢然と戦う“常識破り”の人間を本書では、“異端”とよぶことにします。彼らこそが、歴史のページをめくってくれるのです。…「はじめに」より』。過去の歴史に現れた“異端”の成し遂げた改革を例にあげて綴られています。
 今と云う混迷する時代を考えると確かに改革するにはこの「異端力」が必要なのかもしれません。そんな時、本書は、今を生きる我々に大きな示唆を与えてくれるオススメの一冊です。

著  者:
町田 宗鳳(まちだ そうほう)

1950年京都市生まれ。幼少のおり、キリスト教会に通う時期もあったが、ふとしたことから14歳で出家。以来20年間、京都の臨済宗大徳寺で修行。34歳のとき寺を離れ、渡米。のちハーバード大学神学部で神学修士号およびペンシルバニア大学東洋学部で博士号を得る。プリンストン大学東洋学部助教授(90〜98)、国立シンガポール大学日本研究学科准教授(98〜00)、東京外国語大学教授(01〜06)を経て、現在は広島大学大学院総合科学研究科教授、国際教養大学客員教授、広島大学環境平和学プロジェクト研究センター所長。研究分野は比較宗教学、比較文明論、生命倫理学。

発行者:竹内 和芳
発行所:祥 伝 社

定  価:本体760円+税