[ホーム]

 

データベース
バックナンバーを保存しています。過去に掲載された書籍の紹介をご覧になる場合はこちらをご利用下さい。

「今日が人生最後の日だと
思って生きなさい」

 今回おすすめする書籍「今日が人生最後の日だと思って生きなさい」は、現代社会のかかえる問題点、超高齢化そして人生の終末をむかえる人口が増加している中、「生」を全うし、「死」を安らかに迎える一つの道しるべとなる一冊です。
 著者は医療現場で二八〇〇人を看取ってきた ホスピス医で、その現場では「後悔のない人生を過ごしてきたと胸を張れる人は、多くいません。どんな人生を過ごしてきても、死の絶望を目の前にすると、人は恐れ、悲しみ、後悔をします。」と語っています。本書は、今を生きる上で後悔のない最後を迎えるための生き方を示唆してくれるオススメの一冊です。

著  者:小澤 竹俊(おざわ たけとし)
1963年東京生まれ。1987年東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業。1991年山形大学大学院医学研究科医学専攻博士課程修了。救命救急センター、農村医療に従事した後、1994年より横浜甦生病院ホスピス病棟に務め、病棟長となる。2006年めぐみ在宅クリニックを開院。これまでに2800人以上の患者さんを看取ってきた。医療者や介護士の人材育成のために、2015年に一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会を設立。一人でも多くの人が、生きてきてよかったと思える最期を迎えられるよう、力を尽くしている。主な著書に『苦しみの中でも幸せは見つかる』 (扶桑社) 、 『いのちはなぜ大切なのか』 (筑摩書房)がある。

発行人:高橋 克佳
発行所:株式会社アスコム
定  価:本体1000円+税