[ホーム]

 

データベース
バックナンバーを保存しています。過去に掲載された書籍の紹介をご覧になる場合はこちらをご利用下さい。

「オオカミと野生の犬」

 今回のおすすめ本「オオカミと野生の犬」は、世界に生息しているオオカミや野生のイヌたち(多くのイヌ科イヌ属に属する哺乳動物)が紹介されています。掲載された、自然界に君臨してきたその「犬族」の美しい姿に感動させられること間違いなしの一冊です。

**(当サイトの「狼神話」では、ニホンオオカミの足跡を辿って約20年となりました。絶滅してなお大きな影響を残していたことを知りました。)

監 修:菊水健史(Takefumi Kikusui)
麻布大学獣医学部介在動物学研究室教授。1970年鹿児島生まれ。東京大学獣医学科卒。獣医学博士。専門は行動神経科学。著書「犬のココロをよむ一伴侶動物学からわかること」(岩波科学ライブラリ)他。

本 文:近藤雄生(Yuki Kondo)
1976年東京生まれ。東京大学大学院工学系研究科修了後、5年半の間、世界各地を旅しつつルポルタージュなどを執筆。2008年秋に帰国以来、京都市在住。著書に『遊牧夫婦』シリーズ3巻(ミシマ社)他。

企画・構成:澤井聖一(Seiichi Sawai)
株式会社エクスナレッジ代表取締役社長、月刊『建築知識』編集兼発行人。 生態学術誌(キュアノ・オイコス、鹿児島大学海洋生態研究会刊)・生物雑誌の編集者、新聞記者などを経て、建築カルチャー誌『X-Knowledge HOME』、住宅雑誌『MyHOME+』創刊編集長。書籍「世界の美しい透明な生物」他。

発行者:澤井聖一

発行所:株式会社エクスナレッジ

定 価:本体2,800円+税
            ISBN 978-4-7678-2501-4