狼神話 [ホーム]
 靖国神社の軍犬慰霊像 
 靖国神社内の遊就館前広場には、馬、鳩、そして犬を象った銅像が並んでいます。正式名称は、馬の像が「戦没馬慰霊像」、鳩の像が「鳩魂塔」、犬の像が「軍犬慰霊像」。これは日本が過去に軍用動物を使っていたことによります。
*銅像「軍犬慰霊像」の由来についての碑。
 昭和6年(1931) 9月満洲事変勃発以降、昭和20年(1945) 8月大東亜戦争終結までの間、シェパードを主とする軍犬はわが将兵の忠実な戦友として第一線で活躍し、
その大半は、あるいは敵弾に斃れ、あるいは復病に死し、終戦時生存していたものも遂に一頭すら故国に還ることがなかった。この軍犬の偉勲を永久に伝え、その忠魂を慰めるため、有志相はかり広く浄財を募りこの像を建立した。
平成4年(1992)3月20日 動物愛護の日
財団法人偕行社
靖国神社奉賛会
 上記のように銅像碑について記されていました。従軍した軍犬は、戦死したり病死したりし、生き残った犬たちも終戦時には、置き去りにされたそうです。そんな軍犬たちの霊を慰めるための銅像だそうです。このように、形は違いますが人と犬の悲しい関わり合いがありました。二度とこのような事が無いように祈るばかりです。

銅 像

 シェパード犬

所在地

 東京都千代田区九段北3丁目1-1

アクセス

 『地下鉄』
 ・東西線/半蔵門線/都営新宿線「九段下駅(出口1)」より徒歩(約5分)
 ・有楽町線/南北線/都営新宿線「市ヶ谷駅(A4出口)」より徒歩(約10分)
 ・東西線/有楽町線/南北線「飯田橋駅(A2出口、A5出口)」より徒歩(約10分)